モリモリスリムの詐欺に注意といっても、「モリモリスリムが詐欺」だというわけではありません。

モリモリスリム自体は、2006年11月の販売開始以降、詐欺的な要素はいっさいなく、普通に販売されている健康茶です。
販売元のハーブ健康本舗は、「倒産」という言葉を生み出したことで知られる信用調査機関の東京商工リサーチから優良企業の認定を受けています。

Yahoo!知恵袋で「モリモリスリムは詐欺」と言った質問がありましたが、これは購入者が定期購入と単品購入を誤った挙げ句、「勝手に送りつけてきたから返金しろ」と販売元に責任を押し付けようとしたものでした。
これは詐欺というよりも、購入者側の不注意を販売元に責任転嫁しているだけですし、場合によっては、購入者側の恐喝や詐欺行為にもなりかねません。

お客様は神様だと言って、自分のミスでも他人に押し付けようとするモンスタークレーマーが増えていますが、傍目には見苦しいばかりか犯罪をしているようにしか見えません。

また、絶対に実現できないようなことを売りたいがために書き散らかしている情報サイトやメルマガなどについても注意が必要です。

こちらの商品広告をみたことはありませんか?


引用元:ねとらぼ「「常識的に考えて溶ける訳ないでしょ」 “焼き鳥とビールが水になる”痩せサプリ、販売会社が効能ないと認める」
(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/01/news029.html)

当然ながら、これはモリモリスリムの広告ではありませんので、勘違いしないように注意してください。

興味深いバナー広告をクリックしたら、こんな感じの広告を見たことがあるかもしれませんね。

どう考えても無理なことを、実現できるかのように説明していたり、映像で見せつけられると、不可能だとわかりながらも、思わず信用してしまうかもしれません。
その心の隙間につけ込んで売りつける商法が詐欺的と言われているのです。

このような内容の広告や宣伝は、メーカーや販売店が制作したものは皆無であり、広告代理店や代理店と契約した人々などが企んで行った場合がほとんどです。
あなたも、こんな詐欺広告に騙されないように、くれぐれも注意してください。

なお、モリモリスリムに関しては、調べた範囲では、この焼き鳥のような非現実的な内容の広告や宣伝は見つかりませんでした。
東京商工リサーチから優良企業の認定を受けているだけのことはあるようです。