モリモリスリムで使われている成分を一覧にまとめました。

  • ゴールデンキャンドル
  • ほうじ茶
  • 玄米
  • ハト麦
  • プーアール
  • 麻の実
  • ガルシニア
  • コレウスフォルスコリ
  • ヤーコン葉
  • スピルリナ
  • 明日葉
  • 桑の葉
  • 桃の花
  • イチョウの葉
  • オオバコ葉
  • フユアオイ
  • 薔薇の花
  • カワラケツメイ
  • キダチアロエ
  • 羅漢果
  • 杜仲の葉
  • アマチャヅル
  • 蓮の葉
  • コタラヒムエキス末

自然に生える植物のみを使用した、ほうじ茶風味の飲料です。

この中では、ゴールデンキャンドルばかりが注目されがちですが、その他の成分もチェックしておきましょう。

食物繊維

オオバコやスピルリナ、明日葉、桑の葉、ほうじ茶に食物繊維が含まれています。

食物繊維に整腸作用があることは知られていますが、それ以外にも、糖質の吸収をおさえることが明らかになっています。

このため、血糖値の上昇がおだやかになりますし、脂肪もつきにくくなるというわけですね。

アミノ酸

スピルリナと麻の実にはアミノ酸が豊富に含まれています。

アミノ酸を摂取することで代謝が活性化される効果があります。

ケンフェロール

桃の花に含まれている成分です。

がんや心血管疾患の発症リスクを低下させるはたらきがあることが知られており、脂肪燃焼にも役立つと言われています。

モリモリスリムに副作用の心配はないのか?

モリモリスリムを飲んでいて、副作用が起こる心配はないのでしょうか?

副作用」という言葉の定義は、薬を飲んだ時に、薬の効果(主作用)以外の症状が出ることです。
つまり、副作用が出るのは「薬」であることが前提ですから、薬ではないモリモリスリムには当てはまりません。

しかし、このような言葉の定義とは別に、薬以外の食品やサプリメントなどで生じた健康被害も含めて「副作用」と呼ぶ人が増えています。

この健康被害という観点でいうと、モリモリスリムを利用したことで「副作用」が起こることがわかっています。
代表的なものをまとめました。

  • 下痢
  • 腹痛
  • 大腸黒皮症(大腸メラノーシス)
  • 体のだるさ
  • 意識障害

これだけをみると、モリモリスリムが毒物であるかのように誤解するかもしれませんが、副作用が起こる原因としては過剰摂取による場合がほとんどです。

身近な食べ物である塩でも、食べ過ぎると生活習慣病を引き起こすだけでなく、腎臓病や不整脈、心筋梗塞などを起こしかねません。
かといって、減塩のし過ぎや、塩を一切食べないと言った極端な食生活をしていると、かえって生活習慣病が悪化するという、わけのわからないことになります。

さすがに、モリモリスリムの場合は、塩のように適量の摂取を続ける必要はありません。
飲み過ぎは体調不良を引き起こす場合があるため、ほどほどにしておくといいですね。