便秘気味の時に出る「おなら」って、異常に臭いときがありますよね。

宿便が溜まっているから、おならが臭いと考えがちですが、この宿便自体が存在しないものだというのは医学関係者にとっては常識です。
そもそも、医学用語には「宿便」という言葉自体ありません。

おならのニオイは、腸内環境の悪化によって悪玉菌が増えたことが原因です。
腸内に悪玉菌が増えることで、硫化水素やアンモニアなどの物質が発生しやすくなり、おならが出る際に混ざって出ることから、独特の悪臭が漂うことになります。

モリモリスリムを飲んで宿便がなくなったはずなのに、相変わらずおならが臭いというのは、腸内環境が悪い状態が続いているのが理由です。

悪玉菌が洗い流されて、その後、善玉菌が増えていけば、オナラの際のニオイも自然となくなりますが、相変わらず臭いというのであれば、腸内の善玉菌を増やす必要があります。

モリモリスリム自体には善玉菌を増やす効果のある材料は含まれていませんので、他の方法で腸内環境を改善していく必要があります。

おならのニオイが消えたとしても、そもそも、おならが出ないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

人前でおならをするのは失礼ですから、出ないようにしたいものです。

しかし、生理的な現象というのは我慢にも限度がありますし、オナラが出やすい人もいますので、どうすればいいのか分からないのではないでしょうか。

そもそも、おならというのは、食事の時に飲み込んだ空気や食べ物を分解して発生したガスのことです。

便秘を解消したいからと言って食物繊維を積極的に摂取していると、この食物繊維が腸内菌のエサとなってガスが発生しやすくなり、オナラが出やすくなるという、悩ましい状況に陥ります。
あまりにも過剰に食物繊維を摂取しないように注意したほうが良いでしょう。

また、デスクワークが多いと、腸の締め付けが強くなったり、腸の蠕動運動が弱くなる傾向があり、ガスが溜まりやすくなります。

モリモリスリムを飲むことで、キャンドルブッシュなどの働きによってぜん動運動が活性化されます。
便秘気味だった人は、一時的におならが出やすくなりますが、徐々に腸内環境が落ち着いてきますので、時間が経つごとに、おならの量が減ってくるのではないでしょうか。

腸内環境は、微妙なバランスで成り立っていることから、ちょっとした崩れで体調不良を引き起こしかねません。
ストレスなどの精神的な影響によっても、おならが出やすくなったり、ニオイがきつくなりやすいです。

適度にリラックスして、ストレスを溜め込まないようにするといいでしょう。